何度考えても絶対に俺は正しい、と思うのは正しいことだろ

 

 何かを評価する際に基準となるものは何でしょうか?知識?経験?直感?

 何かを評価する際にどの観点から捉えますか?主観的?客観的?

 よく言われるのは、知識や経験に基づいて客観的に評価することが物事を正確に評価するために必要なことだ、ということです。知識に終わりはありませんし、経験も限られた時間の中で得られる量は限られます。一人ひとりの価値観や知識量などに違いがある以上、客観性というものにも限りがあるということがわかります。好みもあるし。だからこんな音楽が好きとか嫌いとか、ピーマンうまいまずいだとか、「漢 a.k.a. GAMIが悪い」「いやシバターが悪い」とか、そういう違いが生まれる訳です。いくら蚊帳の外にいて物事を遠くから眺めていたとしても、その物事について知識を得たり考えたりする時点で主観性の呪縛からは逃れられないということになります。*1

 また、人間だれしも「自分が正しい」と主張し、認められたいという願望があります。それはそこら辺の小学生でも、上坂すみれTwitterをやめる原因になったイキりオタクでも、みんなが嘘だとわかっていても根気よくYoutubeに真相動画を上げ続ける主婦でも同じで、自分の正当性を評価し、それを主張し認められることで、その欲求を満たすのです。それでも年を重ねていく中で、他人に説得されたり、論破されたり、そういう経験をして、納得していなくても納得したふりをしたり、完全に物事に対する評価と態度を変えたりして、自分の欲求をどこかに追いやりながらなんとかやり過ごす方法を見つけ出します。これは学校と三国志から得られる一つの事柄といえるでしょう。*2

 大人になると、上記のような主張をすることは「自分勝手」と捉えられたり「わがまま」となり、つまり「子供」だと思われます。大人は得てして子供だと思われるのを嫌いますから、どんどん自己主張をする場面が減り、相手の控えめな主張に対し納得や妥協を見せながら折衷を図ります。諸葛亮の提案と、それに対し「いやしかし私は…」と少しずつ食い下がった玄徳。二人とも大人だ。*3

 しかし人には、絶対に譲れないものもあります。止まらない未来を目指して、ゆずれない願いを抱きしめて進みます。飛べないハードルを、負けない気持ちでクリアしていきます。しかしそれすらも、権力や立場によって打ち砕かれる瞬間があります。人はそのたびに限界を感じながら孤独な夜を迎え、どれだけ泣いても朝に出会えないと思ってしまいます。それでも納得したような素振りを見せ瞳を光らせ、心では納得していなくても表に出さず、光と影を抱きしめたまま日々を生きていくのでしょう。戦う毎日です。君はその儚さと強さを教えてくれたけど、傷つけないように歩いて行けたらいいのに…… *4

 

 僕は今年でバスケットボール歴が13年目になります。ただ兄弟がやっていたから、という理由で始めてから、本当にそのスポーツをやりたいがためにやるようになって、気付けばただただ研究し実験する日々が続いてきました。Twitter上のNBAファンとしてそこそこの知名度を獲得する程度には研究成果が得られています。

 スポーツというのは競技中に判断することが非常に多く、それが団体競技ともなるとそれぞれがそれぞれの判断をしていますから、分岐点が多く、起こりうることの量が半端ないです。故に、これが正しい、と100%言い切れるものは存在していないでしょう。でも、スポーツにはルールがありますから(得点とかコートとか)、限りなく正解に近い動きは存在していると思います。単なる技術だけでなく、上記によっても違いが生まれてくるし、だからプロだとかアマとか階級としてそれが表れているのだと考えています。

 まぁなぜこんなことを書いているかというと、そのバスケットボールに関して、どれだけ泣いても朝と出会えない孤独な夜の中にいるからです。できる限り客観的に捉え、どれだけ考えても、それに対し納得できる材料が少な過ぎれば、態度を変えることは不可能でしょう。たかが持っている知識や経験の違いでここまで戦い続けなければならないのです。現時点では僕は論を展開するだけで、証拠になるような裏付けできてません。なのでガキの戯言だと思われています。「SNSで粋がる暇あるなら証明してみろプレイで」といいうことです。でも僕もゆずれない願いがあります。証拠というのは己から叩き出すものだと思っているので、「それに対して、証拠不十分? ならパスとシュートのオートクチュール」というアンサーです。*5

 ただ、可能性として、お互いの知識や経験、考えの違いなどがパズルのピースのように、お互いを補うように機能する場合もあります。コービー&シャックが三連覇できたのも、レブロン・ウェイド・ボッシュのスリーキングスがスポールストラと和解して優勝したのも、グレッグ・ポポビッチとサン・アントニオ・スパーズのゆかいな仲間たちも、R&Bグループ『ニュー・アディション』*6も、まさにパズルのピースのようです。「あーでもないこーでもない」と試行錯誤しながら、一枚の絵や写真へと姿を変えていくことになります。

 そのために人は知識や経験を得、物事を慎重に考えていくのだとしたら、ソロでやるモンスターハンターくらい面倒だと思うし、それでも乗り越えられない壁があることもワンパンマンの強さくらい理不尽です。なんなんだよマジで。

 

 まぁどちらにしろ争いというのは避けたいものですが、魔法騎士レイアースの新装版が全巻セットでめちゃくちゃ安かったので、これくらいは主張させてください。ちなみに、アニメBlu-rayボックスはクソ高いです

 

 

*1:ラッパー・漢 a.k.a. GAMI とユーチューバー・シバターのビーフ(争い)より

*2:声優・上坂すみれTwitterに対するオタクのリプライ、松居一代Youtubeチャンネル、横山光輝版『三国志』より

*3:横山『三国志』より

*4:アニメ『魔法騎士レイアース』の主題歌『ゆずれない願い』『光と影を抱きしめたまま』より

*5:同上。また、超ライブ×戦極 U-22 MCBATTLE 2016 Rude-α vs Lick-G より

*6:ステファン・カリー、クレイ・トンプソン、ケビン・デュラント、ドレイモンド・グリーンの四人からなるNBA発のR&Bグループ