ダサいと思っていたものを受け入れカッコいいと思い始めることはカッコ悪いことに思えて

 

 『フリースタイル・ダンジョン』という番組が始まってからというもの、今まで「不良の音楽」というようなイメージを持たれていたヒップホップは今や多くのコマーシャルで起用されており、ラッパーのDOTAMAがコンピューターとフリースタイルでバトルしたり、サイプレス上野アコムカードをテーマにラップしたりしていて、身近でカッコいいものだと思われて来ているかと思うと、最近Youtubeなどで挟まれる広告の半分くらいがラップのような気がしてきました。すごい時代だ

 

 ヒップホップを聴く人の中でも、日本語ラップなんてカッコよくないし、ビートに対するアプローチとか微妙だ、なんていうのはよくある話で、洋ラップしか聴かなかった僕もまさにそう思っていたんですけど、今まさに『フリースタイル・ダンジョン』のようなMCバトルと日本語ラップの魅力に取り憑かれています。まさか、自分が日本語ラップを聴くことになるとは。

 しかし僕はヒップホップ好きと言えどニポンゴラップに関しては素人なので、どのラッパーの曲、つまり音源を聴けばいいのか全くわかりません。そんな僕ができることとすれば、バイナルを掘る*1ことだけでした。探せば探すほどカッコいいものが出てきて、誰かが言っていた「好きなやつにしか本当のカッコよさはわからない」ってのがすごいよくわかります。これは今適当に考えた名言です。あ、あとすみません、バイナル*2って何ですか?

 

 ところで、一度「ダサい」と思ってしまうとそれを覆すのって相当なインパクトが必要ですよね。EDMのビート細かくなっていってピークで止まりつつ一言からのドゥンドゥンはダサいと思うし、これを覆すインパクトには未だ出会えていません。人それぞれ「ダサい」ものは違うと思うんですが、上記に関しては共通してると思います。

 逆に、カッコいいと思っていたことが何かしらの影響でダサく思えてしまうこともあります。高校生の時に死ぬほど聴いていたONE OK ROCKも自分が周りに合わせるために聴いていたということに気付くや否や聴かなくなったし、中学生の時悪ぶって学校に携帯を持ち込んでいたのも思い出すと枕に顔を埋めたくなります。小学生の時に買ったドラゴンを纏った剣のキーホルダーは今でもカッコいいけど

 「俺はHIP-HOP生まれHIP-HOP育ち」なので、とにかく自分の芯がブレるのが嫌です。周りに合わせて好きでもないものを聴いたりやったりなんてダサすぎるし、自分を大きく見せたり逆に小さく見せたりするのもダサいと思います。等身大のラブソングも聴かなくなりました

 でもそう考えると、「日本語ラップ=ダサい」だった自分の価値観が、『フリースタイル・ダンジョン』というインパクトによって変わってしまうのはすごいダサいことなのかもしれない、と思うとつらくなります。つらくなるとMCバトルを見て元気を出します。そうして日本語ラップにさらに詳しくなります。この負なのか正なのかわからない謎のスパイラルに嵌っているということです。「もちろんわかってる ブログってのは鏡」*3ということです。

 ここまでくると、カッコいいとは「ありのまま」でいることなのかな、なんて気がしてきます。やはり俺も男。「カワイイ」ではなく「カッコイイ」で測られたい。千葉雄大ではなく伊藤英明になりたい。伊勢谷友介もカッコいい。竹野内豊に関しては名前も似てるし。なので僕には可愛いとか言わないでください。あ、嬉しいことには嬉しいんですけど

 

 人間というのは不思議なもので、年を重ね成長する過程で、感性も考え方も変わっていきます。「結婚する前にある程度人生楽しみたいよね」と言っていた姉も就職してすぐ寿退社したし、それに対して微妙な顔をしながら「いいんじゃない?」と今までもそうだったように奔放なフリをしている親父に、どうせ孫ができたら可愛がるんでしょと言ったら「それはどうかな」とかニヤニヤしてたのに、すっかりデレきったおじいちゃんをやっている様子が家族で構成されたLINEグループに送られてきます。どんなふうに変化するのかわからないなら、未来のことを考えたり、過去を思い出して後悔したりするのは無駄なことのように思えます。そのために使うエネルギーは、「今」を生きることと、可愛い甥っ子の誕生日を祝うために使いたいです。ちなみに、僕は「子供苦手なんだよ」と今でも思っています。

 


 

 すみません、話は変わるんですが、MCバトルを見ていく中で好きになったMCが何人かいます。ダンジョンしか見ていなかった時好きだったのはGADOROとかR-指定さんだったんですけど、いろいろ見ていくと好みは変わりますね。今僕の中には「好きなMCランキング」的なものが存在し、これは1位から100位くらいまであるんですけど、久しぶりにブログを書いたついでに全部を紹介したいところですが、無理なのでTOP5を紹介したいと思います。

 

5位 GIL

角度は関係ねえ 俺は一直線前のめりで進んでいるだけ

 福島のラッパーですが、UMB2014でシャウトするとき周りは30秒くらい喋る中一人だけ一言「東北だ」と言ったくらいレぺゼン精神がすごい

 

 

4位 CIMA

 俺の首にインスリン注射? 知らねえ、韻踏にPeace Up

 『フリースタイル・ダンジョン』を見ている人なら聞いたことあるかもしれないんですけど、関西のラッパーで、バイブスとライミングが最高

 

 

3位 BASE

一人では脆く誰かの犬 虎の威を借る奴らをKill

 MCバトルでもカッコいいんだけど、何より音源がめちゃくちゃカッコいいし、デス・ロウ・レコーズのTシャツ着てるのもいい

 ちなみに、ビートに使われているのはロニー・リストン・スミスの『ガーデン・オブ・ピース』という曲で、ジェイ・ジーの『デッド・プレジデンツ Ⅱ』でも使われているクラシックジャズになります。つまりクラシック

 

 

2位 呂布カルマ

俺にとって最も尊いのは作詞作業 この一行 一分一秒 まさに今日

  カッコいい

クソはテメエがクソであることを恥もしねぇからいつまでもクソだ

世界に1つだけの花だって嘘だ

みんな同じ格好したがるのは何故だ

携帯のカメラで撮った写真別人 他の誰かみたい

  カッコいい

 

 

1位 mol53*4

 

7:12~

魂ってやつは一度 燃えたら灰になるまで 俺は燃やしきるMCだ 俺が死んでも俺の言葉は死なないと思ってる

 熱い

 でもmol53 右肩上がりの Ill Daddy, Hello

 オシャレ

俺の性感帯は脳みそ 心に吐いてみろ

 カッコいい

 

 


 

 ありのままがHIP-HOP。このMC達、本物のHIP-HOPです。

 

 

PR59 ごみ袋45L徳用半透明 50枚
ジャパックス
売り上げランキング: 303

*1:音源を探して聴くこと

*2:英語のVinylのこと。レコード盤の素材がビニールであることから、レコードを指して使われる

*3:呂布カルマが『フリースタイル・ダンジョン』に出演した際、モンスターであるR-指定に放ったライン「もちろんわかってる ラップってのは鏡」から

*4:「燃えるゴミ」と読みます